プロペシア 副作用

飲む育毛剤プロペシアについて理解を深めよう

プロペシアの副作用【AGA対策に必須の最強の育毛剤を徹底解剖】をご覧頂きありがとうございます。

 

日本人口の約1260万人がAGA(男性型脱毛症)であるという事をご存知でしょうか。
日本の人口のおよそ10分の1がAGAで悩んでいるんです!

 

良く考えてみれば驚異的な割合ですよね・・・

 

ではAGAって治療することが出来ないのでしょうか?
一度薄毛になったらもうそれを受け入れるしかないのでしょうか?

 

否!!

 

幸いなことに、現代では科学技術が進歩しております。
ハゲたらカツラをして何とかハゲを誤魔化すという時代は終わりました。

 

AGA(男性型脱毛症)はしっかりと治療・克服できる時代になったんです。
「プロペシア」って薬ご存知ですか?

 

実はこの薬、飲む育毛剤として初めて国から効果があるとして認可された医薬品なんです。
日本皮膚科学会からもAGA治療として「行うことを強く推奨する」としてA評価が与えられています。

 

A評価が与えられている育毛剤はプロペシアの他にはミノキシジルしかありません。

 

他にはどのような方法があるかというとイングランドのサッカー選手、
ルーニー選手が利用した自毛植毛術もあります。こちらはB評価ですね。

 

B評価も推奨するという評価ですがA評価まで強くは推奨されていません。
あとは一般的な育毛剤ですね。こちらはC1評価です。

 

行うことを考えてもよいが、十分な根拠がないという評価です。
商品によっては効果があるかもしれませんが、日本皮膚科学会が効果があると認定できるような十分な根拠がないという見解です。

 

そう考えるとプロペシアがどれほど優秀な育毛剤であるかがわかるでしょう。

 

実際にプロペシアを製造販売しているMSDの臨床データによるとなんと服用者の98パーセントにAGAの進行抑制効果が認められました。

 

そしてプロペシアは服用期間が長ければ長いほど高い増毛効果があることも確認されております。

 

臨床データーが三年分あるのですが三年間服用すればなんと約80パーセントもの人に増毛効果があることが分かったんです。製薬会社のデータなので信頼性は抜群です。

 

ここまでの説明でどれほどプロペシアが優れた育毛剤であるかはご理解いただけたことでしょう。

 

ただ忘れてはいけない重要なことがあります。
プロペシアは市販薬ではありません。医薬品です。

 

一般的に市販薬というものは副作用の危険性が非常に少ないものが店頭に売られています。

 

医薬品として認定されており医者の処方箋が必要な医薬品は副作用のリスクが多少なりともあるからこそ医者による処方が必要になっているんですね。

 

とはいえプロペシアは医薬品にしては副作用が低いと言われています。
また重篤な副作用はほとんどないと言われています。

 

MSDの臨床データによると6パーセント程度の服用者に胃部不快感、勃起不全、性欲減退、消化不良などが表れましたが基本的に軽微でこれらの症状はプロペシアの服用を止めればすぐに治ると言われています。

 

私自身もプロペシアをずっと利用しているのですが、副作用は出たことはないですね。

 

ただ危険性がある以上はやはりしっかりとAGAのエキスパートに相談し診断することをお勧めします。

 

一番おすすめのAGAクリニックは東京の銀座にある銀クリですね。

 

ここは無料カウンセリングを行ってくれてかなり詳しくプロペシアの効果効能・副作用について説明してくれるし具体的なAGA治療法も明示してくれます。

 

そして無理な勧誘もしてきませんので。

 

値段も他のAGAクリニックと比べるとかなり安いのでおすすめですね。
ただ全国に一店舗しかないというのが弱点ですが・・・

 

なおプロペシアの副作用についてしっかりと理解を深めたのなら個人輸入代行業者を利用してプロペシアの通販をするのも良いですね。

 

個人輸入代行のメリットは価格が安いという点とWEB上で簡単に注文と決済が出来るので、手間がかからないという事です。

 

オオサカ堂という個人輸入代行業者からプロペシアを通販するのが一番安くコストを抑えることが出来ると思います。